2017年版 ディスクロージャー誌
21/68

顧客保護等への取組み顧客保護等への取組みせとしんの取組み 当金庫は、法令やルールを厳格に遵守し、社会規範に則り誠実かつ公正な企業活動を遂行するとともに、お客さまの利益の保護および利便性の向上を図るため、以下の事項について誠実に取組み、お客さまの視点に立った業務運営を行ってまいります。1.お客さまへの説明を要するすべての取引や商品について、そのご理解や経験・資産の状況等に応じた適正な情報提供と商品説明を行います。2.お客さまからの問い合わせ・相談および苦情については、真摯に対応し、お客さまのご理解と信頼を得られるように 努めるとともに、お客さまの正当な利益が保護されるように努めます。3.お客さまの情報を業務上必要な範囲内で、関係法令等に従って適切に取得するとともに、不正なアクセスや流出等を 防止するため、必要かつ適切な措置を講じることにより、安全に管理します。4.当金庫が行う業務を外部業者に委託するにあたっては、お客さまの情報管理やその他お客さまの利益を守るため、 適切に外部委託先を管理します。5.当金庫が行う業務において、利益相反のおそれのある取引をあらかじめ特定し、お客さまの利益が不当に害される ことがないようその取引を適切に管理します。6.金融円滑化の観点から、お客さまからの資金需要や貸付条件の変更等の申出があった場合には、お客さまの抱えて いる問題を十分に把握し、その解決に向けて真摯に取組みます。7.上記の他、お客さまの利益の保護および利便性の向上を図るため、業務を適切に管理する態勢を確保します。※本方針の「お客さま」とは、当金庫をご利用されている方およびご 利用をしようとされている方を意味します。※本方針の「業務」とは、与信取引、預金等の受入れ、金融商品の販 売・仲介および募集等のお客さまと当金庫との間で行われるすべ ての取引に関する業務をいいます。[受付時間]平日9:00〜17:00(土・日・祝信用金庫の休業日は除きます)瀬戸信用金庫 業務統括部 お客様相談所専用電話フリーダイヤル 0120-205-118お問い合わせ窓口顧客保護等に対する基本方針 当金庫は利益相反管理方針を制定し、当金庫とお客さまの間、および当金庫のお客さま相互間における利益相反のおそれのある取引に関し、適切に管理を行い、お客さまの利益を不当に害することのないよう業務を遂行します。 当金庫は、各部室店から独立した管理部署の設置および責任者の配置を行い、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理を一元的に行います。 また、当金庫は、利益相反管理態勢の適切性および有効性について定期的に検証します。■ 利益相反管理体制 当金庫は、利益相反管理の対象とする取引を定め、管理対象取引については最適な方法を選択、または組み合わせることにより適切に利益相反管理を行います。利益相反管理を行った取引等は、庫内規則に基づき記録・保存しています。また、これらの管理を適切に行うため、役職員への教育・研修を実施し、周知徹底を図っています。■ 具体的な取組み■ 利益相反管理体制組織図 営業支援部経営サポート部国際業務部各部室店利益相反管理統括責任者利益相反管理統括部署(利益相反管理統括者)理事会監事会監査部経営会議利益相反管理への取組みせとしんの取組み19せとしん REPORT 2017

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る