2016年版 ディスクロージャー誌
7/68

5せとしん REPORT 2016せとしんの経営事業の概況●損益の状況 平成27年度は、貸出金利回りの低下及び預金利回りの上昇、市場環境の変化などにより資金利益は減少したものの、債券償還益の計上や物件費の減少などにより、経常利益は前年度比6.92%増の50億75百万円、当期純利益は微減の35億35百万円となりました。業務純益   経常利益   当期純利益(百万円)5,0004,0003,0002,0001,0000平成26年3月末5,5945,1133,387平成28年3月末4,3635,0753,535平成27年3月末4,7463,9603,586●自己資本比率(単体) 自己資本比率は、財務体質の健全性を示す指標で自己資本比率が高いほど経営が健全で堅実、安定しているとされています。当金庫は、自己資本比率15.36%で国内基準の4%を大きく上回る高い水準を維持し続けております。今後もさらに、業務純益の確保により内部留保を積み増し、自己資本を充実させ強い経営体質づくりに努めてまいります。●自己資本額の状況●自己資本比率の推移(百万円)100,00080,00060,00040,00020,0000平成26年3月末14,38314,383101,400平成28年3月末14,38314,383109,240平成27年3月末14,38314,383105,924平成26年3月末平成28年3月末平成27年3月末(%)16.0012.008.004.000.0015.2915.4715.36

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です