2016年版 ディスクロージャー誌
5/68

3せとしん REPORT 2016せとしんの経営地域密着型金融地域密着型金融せとしんの経営 当金庫はお客様との密接な関係を活かし、金融の円滑化、課題解決などに向けて、地域密着型金融を推進し、様々な施策に取り組んでまいりました。 今後も、お客様の経営支援、事業の再構築などに対する提案・海外進出支援などに積極的に取り組み、さらに深化した地域密着型金融を目指していきます。 平成26年度から平成28年度の3か年は【~あなたの街の頼れる信用金庫~】のビジョンの下、第9次中期経営計画の重点課題として「地域への貢献」を掲げ、右記の方針、項目について取り組んでいます。当金庫は、地域経済の活性化や健全な発展のために、コンサルティング機能を十分に発揮して、地域密着型金融の更なる深化を図ります。1.基本方針2.具体的な取組項目 (1)お客様へのコンサルティング機能の発揮 (2)地域活性化等への積極的な参画 (3)地域やお客様への積極的な情報発信3.計画期間4.計画の公表  3か年ホームページにて地域密着型金融推進計画の公表をいたします。■ 2. 計画の達成状況に対する分析・評価及び 今後の課題●計画は、ほぼスケジュール通りに進捗したと認識しております。●平成26年度から第9次中期経営計画(3か年計画)『「せとしん新成長戦略Ⅱ」~あなたの街の頼れる信用金庫~』を遂行しておりますが、顧客企業・地域とのリレーションの強化およびコンサルティング機能の発揮による地域密着型金融の更なる深化、事業活動を通じた地域社会の発展に貢献してまいります。地域密着型金融推進計画(平成26年度~平成28年度)■ 1. 平成26年4月~28年3月までの取組状況●創業支援を通じ、地域に新たなビジネスや雇用創出を地域創生につなげる目的で、「業務連携・協力に関する覚書」を締結している日本政策金融公庫との共催による「創業塾」を開催しました。 瀬戸市において、当金庫や瀬戸商工会議所等と連携した創業支援を実施する「創業支援事業計画」に参画し、特定創業支援事業として市内店舗において「ワンストップ相談窓口」を提供しました。春日井市の「創業支援事業計画」に参画、市内店舗は「創業サポート窓口」として春日井市や春日井商工会議所と連携、創業支援事業実施のため「春日井市における創業支援事業連携協力に関する包括協定書」を締結しました。小牧市とは、人的・知的資源を効果的に活用し、相互に連携・協力することで小牧市のまち・ひと・しごと創生を推進するため、「地方創生に係る包括連携協力に関する協定書」を締結しました。 選定した経営改善支援先141先に対し、経営相談、経営指導及び経営改善に関する支援のため日常的・継続的な訪問を述べ937回実施、後継者不在企業における事業承継問題の解決策の一つであるM&Aの活用支援により円滑な事業承継をサポートし、技術や雇用等の次世代へのスムーズな承継を目的に、愛知県事業引継ぎ支援センターと「業務提携に関する覚書」を締結しました。 瀬戸市主催の創業支援事業である「せと・しごと塾(8期生)」に参画しました。国内の中堅・中小企業等の海外展開支援を充実させるため、日本貿易振興機構(JETRO)名古屋貿易センターと連携強化に関する覚書を締結しました。 包括的な連携のもとに相互に協力して地域社会の活性化を図るとともに優れた人材の育成に寄与するため、名古屋学院大学と「連携に関する協定書」を、相互協力のもと中小・小規模事業者等の事業承継に関する研究および教育の発展に貢献し、事業承継の実務に資することを目的に、名古屋商科大学と「事業承継支援等に関する覚書」を締結しました。地域の中小企業・小規模事業者、管理者の方向けに創業や新事業展開、事業承継などの経営課題解決につながる情報提供を目的に、国や県の中小企業支援施策等を紹介する「中小企業支援施策セミナー」を開催しました。お取引先(自動車関連先等)に対し、メキシコ進出に関する経済情勢やビジネス環境や市場の魅力、リスク等について「メキシコ投資セミナー」により解説を行いました。 お客様の多様な資金運用ニーズに幅広くお応えするため、「資金運用セミナー」を開催しました。地域密着型金融推進計画の取組状況(要約)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です