2016年版 ディスクロージャー誌
11/68

せとしんと地域社会9せとしん REPORT 2016■ 創業・新事業展開・取引拡大支援 事業に関するお悩みや資金需要のご相談等に対して、お客様の事情に応じ、経営相談等や地域活性化応援ファンドのご紹介を行っております。 また、当金庫は、地域ごとの中小企業支援機関等が連携し、経営課題解決のための専門家派遣機能等を担う「しんきん愛知プラットフォーム」の組成や、農林水産物の生産から加工、販売まで手がける6次産業化を後押しする「あいち・じもと農林漁業成長応援ファンド」への出資を行う等、お客様への支援態勢の充実を図っております。 平成26年12月に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略」にもとづき、今後予定される地方創生に向けた各種取組に積極的に参画し、地域経済の活性化に貢献するため、平成27年4月1日に「まち・ひと・しごと創生」推進デスクを設置しました。●地域において、創業・新事業展開・取引拡大支援は地域経済の活性化につながり、地域金融機関として欠かすことができない重要な取組みです。  当金庫では、経営相談会の開催や、外部機関との連携による支援に取り組んでおり、その一例として、平成20年7月1日に開講した瀬戸市主催の「せと・しごと塾」に参画しております。 「せと・しごと塾」とは、瀬戸市で創業を目指す市民に対し、創業するために必要となる知識等を学べる機会を瀬戸市が提供する創業支援策であり、当金庫はその講師として事業計画書作成知識のカリキュラム等を担当しており、地域での創業をサポートしました。その結果、平成28年3月までに146名が卒塾し、78名(入塾当初から開業している方を含む)が開業しております。  当金庫は、中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関として、創業や新事業展開を支援するための各種補助金(創業補助金、ものづくり補助金等)の申請支援を実施しております。 平成27年度は、当金庫が支援させて頂いた方のうち創業補助金7社、ものづくり補助金20社の方が採択されました。  当金庫は、株式会社日本政策金融公庫の7支店(当金庫営業区域内に所在する、名古屋・名古屋中・熱田・一宮・岡崎・岐阜・多治見支店)と平成26年8月12日に「業務連携・協力に関する覚書」を締結。平成28年1月28日から2月10日にかけて株式会社日本政策金融公庫と「創業塾」を共催しました。創業支援・企業再生支援・農商工連携など幅広い分野において地域の中小企業者および農林水産事業者の皆様をこれまで以上にサポートしてまいります。  当金庫は、あいち産業振興機構(よろず支援拠点受託機関)と平成26年10月28日に「業務提携に関する覚書」を締結しました。よろず支援拠点とは、経済産業省事業で全国各都道府県に1か所設置されている各分野の専門家が常駐し、中小・小規模事業者のさまざまな経営課題に対応する拠点であり、業務提携により中小・小規模事業者を応援してまいります。せとしんと地域社会地域貢献、協定・覚書の締結地域貢献、協定・覚書の締結地域貢献主な協定・覚書の締結❸❹❷❶4月 30日平成27年 4月 15日中小企業の事業承継を後継者育成を通じて支援することを目的として、当金庫が主体となり、名古屋商科大学と愛知県信用金庫協会会員15金庫との間で事業承継支援等に関する覚書を締結しました。●平成28年 2月  1日3月 14日名古屋商工会議所と愛知県事業引継ぎ支援センターの業務について業務提携に関する覚書を締結しました。3月 17日小牧市と地方創生に係る包括連携協力に関する協定書を締結しました。・・・❸●3月 31日7月  6日7月 10日国内の中堅・中小企業等の海外展開支援を充実させるため、愛知銀行、名古屋銀行、岡崎信用金庫とともにジェトロ名古屋貿易情報センターと連携強化に関する覚書を締結しました。・・・❶●現地情報の提供及び進出・投資手続きのサポート体制の充実を図るため、タイ王国公益法人お互いフォーラムと業務協力に関する覚書を締結しました。・・・❷●尾張旭市と地方創生に係る包括連携に関する協定書を締結しました。・・・❹●名古屋学院大学と連携に関する協定書を締結しました。●春日井市並びに春日井商工会議所と春日井市における創業支援事業連携協力に関する包括協定書を締結しました。●2月 24日●●春日井商工会議所と相互に連携・協力して地域産業の振興・発展に寄与することを目的に連携協定を締結しました。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です