2015年版 ディスクロージャー誌
53/68

51せとしん REPORT 2015財務データ単体情報(4)信用リスク削減手法に関するリスク管理の方針及び手続の概要 信用リスク削減手法とは、金庫が抱えている信用リスクを軽減化するための措置をいい、当金庫は、信用リスクを軽減するため、融資案件によっては、不動産等担保や信用保証協会等保証による保全措置を講じております。ただし、これはあくまでも補完的措置であり、資金使途、返済財源、財務内容、事業環境、経営者の資質など、さまざまな角度から判断を行っております。また判断の結果、担保又は保証が必要な場合には、お客様への十分な説明とご理解をいただいた上でご契約をいただく等、適切な取扱いに努めております。 バーゼルⅢにおける信用リスク削減手法として、当金庫が扱う主要な担保には、預金積金や上場株式等があり、担保に関する手続については、金庫が定める「融資事務取扱規程」「融資事務取扱要領」等により、適切な事務取扱い並びに適正な評価・管理を行っております。 一方、信用リスク削減手法として当金庫が扱う主要な保証には、政府保証等と、保証基金、信販会社、損害保険会社等の民間保証があります。民間保証に関する信用度の評価については、適格格付機関が付与している格付により判定をしております。 また、お客様が期限の利益を失われた場合には、すべての与信取引の範囲において、預金相殺等をする場合がありますが、金庫が定める「融資事務取扱要領」等により、適切な取扱いに努めております。 なお、信用リスク削減手法の適用に伴う信用リスクの集中に関しては、特に業種やエクスポージャーの種類に偏ることなく分散されております。(5)派生商品取引及び長期決済期間取引の取引相手のリスクに関するリスク管理の方針及び手続の概要 派生商品取引については、原則ヘッジ目的とし、ヘッジ目的以外で実施する場合は、その目的及び管理方針・手続等について、経営会議等の承認を受け行う方針としております。 お客様の外国為替等にかかるリスクヘッジにお応えするため、外国為替関連取引として為替先物予約取引を行っており、また当金庫がその取引のリスクをヘッジする目的にも、同取引を行っております。また、当金庫の貸出金の金利リスクヘッジを目的とした金利スワップ取引も行っております。 派生商品取引には、市場の変動により、損失を被る可能性のある市場リスクや、取引相手方が支払い不能となることにより損失を受ける可能性のある信用リスクが内包されています。市場リスク取引への対応は、派生商品取引により被るリスクと保有する資産・負債が受けるリスクが相殺されるような形で管理しております。 また、信用リスクへの対応として、お客様との取引(為替先物予約取引)については、総与信取引における保全枠との一体的な管理により与信判断を行うことでリスクを限定、必要に応じて担保を徴求するなど、適切な保全措置を講じております。貸出金の金利リスクヘッジを目的とした金利スワップ取引については、与信限度枠は設定しておりませんが、相手先を信金中央金庫等信用力の高い先に限定しております。なお引当金の算定は、特段行っておりません。 その他、有価証券関連取引については、現在取引は行っておりませんが、取引する場合には、有価証券等にかかる投資方針のなかで定めている投資枠内での取引に限定し、万一取引相手に対して担保を追加提供する必要が生じたとしても、提供可能な資産を十分保有しており、影響は限定的であります。 なお、リスク資本の割当については、統合的リスク管理として、金利リスク及び為替リスクに配賦した各リスク資本内で、適切に管理しております。 以上により、派生商品取引にかかる市場リスク及び信用リスク、双方とも適切なリスク管理に努めております。 また、長期決済期間取引は該当ありません。  ○信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャー(注) 当金庫は、適格金融資産担保について簡便手法を用いています。(単位:百万円)適格金融資産担保保  証クレジット・デリバティブ平成25年度平成26年度平成25年度平成26年度平成25年度平成26年度信用リスク削減手法が適用されたエクスポージャー21,70221,18236,32652,334ーー①外国の中央政府等以外の公共部門向けーー2,0832,075ーー②地方公共団体金融機構向けーー10,50514,701ーー③我が国の政府関係機関向けーー18,34930,063ーー④地方三公社向けーー3,1612,960ーー⑤金融機関及び第一種金融商品取引業者向けーー694697ーー⑥法人等向け12,10912,4761,2311,432ーー⑦中小企業等向け及び個人向け7,9847,154300403ーー⑧抵当権付住宅ローンーーーーーー⑨不動産取得等事業向け1,6081,551ーーーー⑩三月以上延滞等ーー0ーーーポートフォリオ信用リスク削減手法

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です