ご注意

法令等遵守に対する経営姿勢の明確化について

当金庫は、地域とともに歩む金融機関として信用金庫法をはじめ各種関係法令とこれらに基づく各種のルールや庫内規則等に則り、日々の業務を適正に運営し、さらには社会的な規範を遵守し、社会から批判を受けることのないよう努めてまいりました。

そのために、経営者自らが高い企業倫理と遵法精神に則って経営にあたり、その精神を役職員一人ひとりにまで浸透させ、信用金庫法に掲げられた使命を遂行することにより社会的責任を全うし、地域社会に信頼される金融機関として、業務管理、事務管理、監査体制、教育体制等の整備について真剣に取り組み、法令等遵守の企業風土を築いてきました。

今後も、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にそむくことのない企業風土の醸成のために、次のようなコンプライアンスに対する厳正な経営姿勢をお客様に明示し、金庫役職員一丸となり取り組んでまいります。

  1. 当金庫の役職員は、お客様・会員・地域の皆様を始めとする社会の信頼にお応えするため、コンプライアンスをすべての行動の原則とし、法令等、社会的規範及びこれらに基づく金庫内規則等を厳正に遵守します。
  2. 当金庫の役職員は、お客様とのお取引に際して金融取引に係る法令等に基づく適正な処理を行うため、これらの法令等に関する知識の向上に努めます。
  3. 理事会の諮問機関として弁護士等有識者を加えた「経営・業務委員会」を設置し、法令等遵守態勢を確立し健全な業務運営の確保を図ります。
  4. お客様からの苦情等のうち、法令等遵守違反によるものは、お客様及び関係者に対して速やかに経緯等の説明を行います。


役職員が法令等遵守に違反した場合には、事実関係の調査、監督当局への届出、関係者の処分、再発防止策の策定や金庫のルールに従って必要な措置を講じるほか、重大なコンプライアンス違反と思われるものは公表します。

1つ前のページに戻る